0 0
Read Time:1 Minute, 14 Second

おはこんばんにちは!

今日は、青文字系ファッション(ゴスロリとか、パンクとか、ゆめかわとか、古着とか・・・)をハンドメイド・リメイクしたい時に参考になる書籍をご紹介したいと思います。

それも、今売っている本よりも、ひと昔前の本を紹介したいと思います。

私はそういう本をメルカリやamazon、駿河屋、ブックオフオンラインなどの中古で掘り出しています。そうでしかあまり手に入らない貴重な本がたくさんあるので、ぜひ探してみると面白いかもしれません。

①KERAリメイク&手作りBOOK

KERA リメイク&手作りBOOK(ヌーベルグーMOOK) ムック – 2002/9/1

20年前くらいの青文字系ファッションがどんな感じだったのかを知ることができる、リメイク&手作りブック。200点ほど紹介されています。

ブランドのリメイク方法、いらない服を当時のトレンド服にリメイク、古着屋さんのリメイクスタイル、リメイクテクニックのレクチャー、読モの手作りスタイル、100均リメイク術などなどなど、リメイクされたファッションアイテムが好きな人(パナマボーイとか)にとっては、使えるアイデアが満載です!

ブランドのリメイク方法では、今はなきアルゴンキンや、今も現役のBABY,THE STARS SHINE BRIGHTなどのブランドが登場(2ページしかありませんが・・・)。

しかも読モのページでは、最近テレビに登場する機会も増えたロリィタのカリスマ・青木美沙子さんの若い頃も載っていました!当時はまだ若干カジュアルでロリィタ色は強くはないですが、可愛さはそのままでした^^

20年前くらいの本なので、どうしても古さは感じつつも、今風に応用すれば、きっととびきりお洒落で個性的な服が作られるはず!

②手作りBOOK ケラ!特別編集

手作りbook (バウハウスムック) ムック – 1999/11/1

①で紹介した本よりも昔に発売された、リメイク&手作りブック。青文字系雑誌ケラ!を特別編集したもので、20年前くらいの青文字系ファッションがどんなものだったかも知ることができます。

大人気少女漫画「ご近所物語」の主人公・実果子が着ている服の作り方が載っていたり、違うページにはその漫画のリメイクコーナーや、当時ケラ!に漫画を連載していた(R.I.Pという作品。私も読んだことがあります!)三原ミツカズの手作り・リメイクコーナーも。ゴシックファッションブランドとして今も現役のミホ マツダがデザインした、ヘッドドレスとつけ襟の兼用ができるアイテムや、ルームシューズも作られます(結構シンプルなデザインでした)。原宿系の無名ブランドのアイテムが作られるコーナーも多いです。

服はファーを使ったものなど秋冬用のアイテムも載っています。また、あらゆる洋裁本を見てもあまり作り方が載っていない「サイバーパンクファッション」に使えるような服やアクセサリーの作り方もあり、ゴミから作る遊び的なものから、凝ったデザインのものまであります。あと、シノラーを思わせるようなアイテムも多く載っています。

この本を眺めていると、この雑誌の時代のお洒落さんは、安いものや捨てるもの、家にあるものだとしても、アイデア次第で個性的なファッションアイテムを作られていたし、そのアイテムで思い切りファッションを楽しんでいたんだな〜というのが伝わります。ちょっと外にこれつけて出て行くのは難しいかも・・と思うものも多いですが、その工夫の精神は、ひしひしとこちらにも届いてくるので、今ではレア本ですが、読むと色々な発見がある一冊です。

③ゴシック&ロリータバイブルエクストラ

ゴシック&ロリータバイブルエクストラ (インデックスムツク) ムック – 2005/1/1

ケラ!の姉妹雑誌「ゴシック&ロリータバイブル」(現在は休刊)のハンドメイドコーナーをまとめた総集編です。その他にも、ゴスロリブランドのデザイナーさんがデザインした服の作り方やリメイクアイデアなども含まれています。小倉優子さんが着るブランド服の作り方コーナーから始まり、ミュージシャンのAYAさんが教えるや香奈さんの手作りコーナー、ゴスロリ部屋紹介、インテリアDIY、編み物講座などもあります。柏屋コッコさんの球体関節人形の作り方講座や、若き日のDAIGOさんの男性向けの手作り講座も。また、メタモルフォーゼのデザイナーさんが教えてくれるシャーリングブラウスとギャザースカートの詳しい作り方も載っています。おまけとして、ゴスロリなデザインのアイロンプリントシートも付いています。

実物大型紙が付いているものもありますが、自分で型紙を作らないといけないものもあるので(どの号のゴスロリバイブルに実物大型紙が付いているかも書いてありますが、絶版でなかなか手に入られないものも)、そこは少し面倒かも。詳しい作り方が乗っていなく、文章だけで書かれているものもあり、初心者や中級者でも難しいものもあります。

ただ、見ているだけでも創作意欲が湧くので、一度手にとってほしい一冊です。

④ゴシック&ロリータバイブルエクストラ2

ゴシック&ロリータバイブルエクストラ 2 (インデックスムツク) ムック – 2006/6/1

先の本の第二弾です。こちらの本の方が載っているアイテムのクオリティが少し高いかもと感じました。こちらも、小倉優子さんが着るブランド服と作り方から始まり、彼女と嶽本野ばらさんの対談も載っています。人気ブランドのデザイナーさんが教えるソーイング講座や、リメイク&カスタム術、ソーイング&ヘアメイクがセットで紹介されているもの、香奈さんの手作りコーナー、h.NAOTOの人気キャラクターのハングリーとアングリーの着せ替え服講座、ローズクラフト、ゴスロリ部屋紹介、インテリア講座、メイク講座、編み物講座、料理レシピなど、盛りだくさんです。こちらにもおまけで、不思議の国のアリスのアイロンプリントシートが付いています。

先も書きましたが、初期のゴスロリバイブルの雑誌を手に入れるためには、アマゾンやブックオフ、ブックオフオンライン、メルカリなどで根気強く探さないとなかなかないので、このようにまとめてある本は貴重です。ただ、このゴスロリバイブルエクストラも古めの雑誌なので、すぐには見つからないかも。。。でもおすすめの二冊です。

⑤KERA BOKU vol.2

KERA BOKU vol.2―“男のコスタイル”に変身したい女のコのためのファッ (インデックスムツク) ムック – 2012/4/5

KERAの姉妹雑誌で、ボーイズスタイルを特集した雑誌になります。vol.3まで発売されていました。
今回このvol.2を紹介した理由は、vol.2にだけ4ページに渡って、シンプルな服をボーイズ風にカスタムする方法が載っているから。人気読者モデル3名と、服飾系専門学校の2名が簡単にできるカスタム方法を紹介しています。中でもシラタマさんのゴシックパンク風アレンジ方法は、ゴスパン好きにとって必見です。簡単で安くボーイズ風に手持ちのアイテムをリメイクできるので、この雑誌に詳しく載っているボーイズ系のファッションのコーデやメイクを参考にしつつ、自分でも自分の服をかっこよくしたい!と思う人は、ぜひ読んでみると役に立つと思います。

 

----------------------------------------------------

 

ということでね。
古い本や雑誌といっても、今でも応用が効くものは結構あります。
むしろ今の雑誌よりも個性的だったり、斬新だったりするので、青文字系ファッションが好きだったり、個性派のファッションを目指している方で、手作りやリメイクが好きな人にとってはとても役に立つかも。

 

では、ごきげんよう。

About Post Author

nui

プチプラでものを作ったりするのが大好きなライター。 主に100均と手芸屋さんに出没します。 ゴシックロリィタ服が好きだけど買えないので、自分で作ることにして、洋裁を好きになりました。 貧乏でもゴシックロリィタやお洒落などが楽しめる方法を書いていきたいです。
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
Previous post モンスターカフェよ永遠に!①虹色パスタを3つの100均商品だけで作る!(フェイクだよ)
Next post 【プチプラハンドメイド】100均の材料で手持ちの靴をスイーツシューズにしよう!

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メニュー