kawaii研究その4:可愛い&アンニュイな世界観♡「水森亜土」

投稿日: 作成者: nui
0 0
Read Time:57 Second

おはこんばんにちは。

今回は、かわいいイラストレーターの第4段ということで、水森亜土ちゃんについてご紹介していこうと思います!

私が亜土ちゃんの絵を好きになったのは、図書館の美術書やイラスト集が並ぶコーナーにあった本を読んでから。

この本ですね↓

画像は「Amazon.co.jp」より引用

この時、多分高校生だったと思うのですが、自分にとって中高生時代は非常に辛い時代で。。。

そんな時、亜土ちゃんの絵やイラストを見かけて、その屈託のないお調子者な明るい雰囲気に、心がすごく癒やされ、明るく照らされたような感覚となったのを、今も覚えています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用

二頭身の女の子や男の子が、お尻をふりふりしながら、キャッキャと踊っていたり、お洒落な服を着た少女がアンニュイな表情でたたずんでいたり、イラストのテイストも様々ありますが、どの絵にも可愛らしさ、愛くるしさ、お洒落感があり、見ているだけでポジティブなパワーをもらえるのでした。

画像は「Amazon.co.jp」より引用

亜土ちゃんは今もご顕在(1939年12月23日 -)。ご本人もちょっとどこか抜けていて、天然で不思議な雰囲気を持ち、歳をとってもずっとかわいい素敵な方です。

また、亜土ちゃんの絵は昔から雑貨などのグッズにもよく使われています。私の母も小さい頃持っていたようで。長年活躍し続けるのは、かなり凄いことですよね。

画像は「Amazon.co.jp」より引用

亜土ちゃんは、若い頃にハワイへ遊学したそうで、そこで英語とジャズに触れます。その遊学では、毎日絵日記を描きなさいとお母様に言われていたそうです(確か)。確かに亜土ちゃんの絵は、フラダンスしている絵やハワイのような南国感のある絵、また英語の書き込みも多く見られるため、このハワイでの遊学経験が、イラストレーターの仕事にも活き続けているのでしょう。また、ジャズに触れた経験から、ジャズシンガーとしての活動もしています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用

また、亜土ちゃんは元々歌のお姉さんみたいなことをやっており、両手で同時にクリアな板に絵を描くみたいなパフォーマンスが話題を呼び、当時大人気だったようです。舞台女優や歌手としても活躍しており、表現者としてマルチな方でもあります。

ちなみに亜土ちゃんが出演していた劇団の舞台のポスターは、亜土ちゃんが担当していたことも多くあったようです。その舞台はブラックジョークが効いた内容のものもあったようで(次々に人が死んでいくみたいな)。なかなか興味がそそられます。

 

あらゆる亜土ちゃんのイラストの中でも、私は少女を描いた絵が特に好きで。どこか気だるく、どこかセクシーで、少女時代でしか出せないアンニュイさが醸し出されていているのが、な〜んか良いよなあと感じます。中原淳一の絵も、アンニュイな目をした少女がよく登場しますが、私的には亜土ちゃんの絵は、より都会的で現代的に思えます。

画像は「Amazon.co.jp」より引用

持論ですが、絵にはその人の精神が現れるのだと思っています。亜土ちゃんの絵には、亜土ちゃん自身の可愛く楽しく遊び心のある世界観が溢れていて、絵を見るたびに、どこか不思議ちゃんな亜土ちゃんの心と、その時間だけ通じている想いがします。

辛い時期に、私の心に明かりを灯してくれた水森亜土ちゃんの絵。個人的ではありますが、亜土ちゃんの絵には本当に感謝しかないですし、私は今もこれからも、亜土ちゃんの絵から元気や明るさをもらい続けるのだと思います。そして、亜土ちゃんの絵でそんな想いになった人も、世界中にたくさんいるのでしょうね。

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 

では、今回はここらでごきげんよう。

About Post Author

nui

プチプラでものを作ったりするのが大好きなライター。 主に100均と手芸屋さんに出没します。 ゴシックロリィタ服が好きだけど買えないので、自分で作ることにして、洋裁を好きになりました。 貧乏でもゴシックロリィタやお洒落などが楽しめる方法を書いていきたいです。
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。